産後ママを病室まで自動運転で移動…成育医療研究センターで実証実験

国立成育医療研究センターとWHILL社は、出産後の患者を病室まで自動運転で移動させる「WHILL自動運転システム」の実証実験を開始した。病棟内での自動運転システム利用は国内初となる。

デジタル生活 その他
国立成育医療研究センター産科病棟での自動運転モビリティサービス実証実験
  • 国立成育医療研究センター産科病棟での自動運転モビリティサービス実証実験
  • WHILL自動運転システム
国立成育医療研究センターとWHILL社は、出産後の患者を病室まで自動運転で移動させる「WHILL自動運転システム」の実証実験を開始した。病棟内での自動運転システム利用は国内初となる。

出産直後の患者は、身体の痛みなどのため車椅子でLDR(陣痛・分娩・回復室)から病室に戻ることが多く、医療スタッフが車椅子を押して移動している。その際、医療スタッフは新生児を乗せたカートや、患者の荷物などを運ぶ作業もあり、大きな業務負荷がかかっていた。

実証実験ではWHILL自動運転システムを産科病棟に導入し、LDRから出てきた出産後の患者を病室の前まで搬送。病室までは自動運転モードで走行し、利用終了後は無人運転により、ナースステーション前にあるWHILL保管場所に戻る。これらの実証を通じて、医療スタッフの業務効率化や患者の移動における安全性・利便性などを検証していく。

今後、両者は連携を深め、実証実験の結果を基に医療の現場におけるサービスの向上を図る。将来的には、WHILL自動運転システムの利用範囲を拡張する計画を進め、現在の病室前までの移動サービスから、各病室内まで自動運転で入っていくシステムを構築することを検討していく。

自動運転で産後ママを病室まで移動、国内初の実証実験開始---成育医療研究センター×WHILL

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top