大正生まれ電車ラストラン8/9…高松琴平電気鉄道

香川県の高松琴平電気鉄道(ことでん)は7月8日、レトロ電車のラストランを8月9日に実施すると発表した。

趣味・娯楽 その他
昭和になる直前に誕生した1000形120号と3000形300号。ともに、ことでん開業時から在籍する生え抜き。
  • 昭和になる直前に誕生した1000形120号と3000形300号。ともに、ことでん開業時から在籍する生え抜き。
  • ラストラン時に掲出されるヘッドマーク。
  • ラストラン時の時刻。
  • 撮影会のタイムスケジュール。時間帯ごとに異なるヘッドマークを掲出。
香川県の高松琴平電気鉄道(ことでん)は7月8日、レトロ電車のラストランを8月9日に実施すると発表した。

ことでんにイベント用として残る最後のレトロ電車は、開業に備えて汽車製造(現・川崎重工業車両カンパニー)で製造された1000形120号と日本車輛製造で製造された3000形300号の2両で、ともに1926年10月に登場したオリジナル車両。

当日は、仏生山(ぶっしょうざん)工場(香川県高松市)で撮影会が11時から13時50分まで6回に分けて20分ずつ開催され、その前後に、長尾線と琴平線でラストラン列車が運行される。

時刻は、瓦町8時25分発~長尾9時1分着・長尾9時7分発~高松築港9時48分着・9時53分発~仏生山10時9分着(撮影会開催)14時56分発~琴電琴平15時55分着・16時19分発~高松築港17時34分着・17時38分発~仏生山17時54分着。

撮影会の参加料金は各回2000円で、時間帯ごとに異なるヘッドマークが掲出される。

さよなら、大正生まれ電車…ことでんの2両がラストラン、撮影会も開催 8月9日

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top