ゲリラ豪雨、前年比2割増の7万5千回…ウェザーニューズ予想

ウェザーニューズは7月12日、「ゲリラ豪雨傾向2021」を発表。7~9月に発生する全国のゲリラ豪雨は前年同期比1.2倍増の7万5000回と予想とした。

生活・健康 その他
2021年ゲリラ豪雨 予想発生回数
  • 2021年ゲリラ豪雨 予想発生回数
  • 2021年ゲリラ豪雨 予想発生回数(昨年比)
  • 7~9月のゲリラ豪雨発生傾向
  • 2021年ゲリラ豪雨 発生パターン
  • 7~9月のゲリラ豪雨発生傾向(北日本)
  • 7~9月のゲリラ豪雨発生傾向(東日本)
  • 7~9月のゲリラ豪雨発生傾向(西日本)
ウェザーニューズは7月12日、「ゲリラ豪雨傾向2021」を発表。7~9月に発生する全国のゲリラ豪雨は前年同期比1.2倍増の7万5000回と予想とした。

7~9月のゲリラ豪雨は、日本海側を中心に発生回数が多くなる予想する。特に発生回数が多いのは北海道(1万0400回)、秋田県(2500回)、石川県(1600回)。その他の人口の多いところでは、東京で1200回、愛知で1000回、大阪で400回と昨年並の回数となる予想だ。

今シーズンは、太平洋高気圧の中心が日本の東に位置するため、高気圧の周囲をまわる暖かく湿った空気が、本州の日本海側に入りやすい状況となる。そのため、ゲリラ豪雨は昨年に比べ、西・東日本の日本海側や北日本で多くなると予想する。ゲリラ豪雨のピークは8月中旬から下旬。9月上旬からは秋雨前線や台風の影響を受けて、突発的かつ局地的なゲリラ豪雨の発生は減少していく見通しだ。

雨雲の発生は山沿いがメインだが、平野部(都市部)にも流れ込んだり、直上で発生したりする場合がある。ウェザーニュースでは随時最新の雨情報を確認するよう、注意を呼びかけている。

ゲリラ豪雨のピークは8月中下旬、総発生回数は前年比2割増の7万5000回…ウェザーニューズ予想

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top