都営地下鉄4駅、オリンピック向け副名称を付与

東京都交通局は7月15日、4駅に東京オリンピック・パラリンピック(東京2020大会)の開催に合わせた副名称を付与すると発表した。

生活・健康 その他
「Make The Beat!」とはSNSを通じて東京2020大会を応援するプロジェクトのことで、応援ビートはそれにちなんだ楽曲のこと。
  • 「Make The Beat!」とはSNSを通じて東京2020大会を応援するプロジェクトのことで、応援ビートはそれにちなんだ楽曲のこと。
  • 「オリンピックスタジアム」の副名称が付けられる都営地下鉄大江戸線青山一丁目駅。
  • 国立競技場
  • 東京体育館
  • 「日本武道館」の副名称が付けられる都営地下鉄大江戸線九段下駅。
  • 日本武道館
  • 国技館
東京都交通局は7月15日、4駅に東京オリンピック・パラリンピック(東京2020大会)の開催に合わせた副名称を付与すると発表した。

付与される副名称は、大江戸線国立競技場駅(東京都新宿区)が「オリンピックスタジアム・東京体育館」、大江戸線青山一丁目駅(東京都港区)が「オリンピックスタジアム」、新宿線九段下駅(東京都千代田区)が「日本武道館」、大江戸線両国駅(東京都墨田区)が「国技館」で、構内の案内サインや到着放送に使用される。

また、国立競技場、青山一丁目、九段下、両国、都庁前の各駅では、東京2020大会の公式応援ビート「Make The Beat!」をアレンジした列車接近メロディーが使用される。

いずれも実施期間は7月16日から9月30日まで。

都営地下鉄の4駅、東京2020オリンピック向け副名称…接近メロディは公式ビート音をアレンジ

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top