ディズニー最新作「ミラベルと魔法だらけの家」ポスターや監督コメント公開

ディズニーの長編アニメーション60作目にあたる最新作『ミラベルと魔法だらけの家』(2021年11月26日ロードショー)の日本版ポスターが公開された。

趣味・娯楽 その他
『ミラベルと魔法だらけの家』日本版ポスター(C)2021 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ミラベルと魔法だらけの家』日本版ポスター(C)2021 Disney. All Rights Reserved.
ディズニーの長編アニメーション60作目にあたる最新作『ミラベルと魔法だらけの家』(2021年11月26日ロードショー)の日本版ポスターが公開。あわせて、バイロン・ハワード監督のコメントも到着した。


『ミラベルと魔法だらけの家』は、2017年公開の『モアナと伝説の海』以来4年ぶりとなる新作オリジナル・ミュージカルだ。
本作でキーとなるのは、南米コロンビアの奥地にある、魔法の力を持つ不思議な家“マドリガル家”。
ここで生まれた子どもたちはそれぞれ違った個性を持つ“魔法の才能(ギフト)”を家から与えられる。しかしマドリガル家でただ1人、ギフトを授からなかった“普通の女の子”ミラベルが、家の危機を知り、立ち上がる様子を描く。

今回、日本版ポスターが公開。家族の中で1人だけ魔法の才能を持たない主人公・ミラベルを中心に、“植物を成長させて花を咲かせる魔法の才能”を持つ長女・イサベラ、“力の魔法の才能”を持つ次女・ルイーサの姿もお披露目となった。

本作でメガホンを取ったのは、『塔の上のラプンツェル』『ズートピア』で監督を担ったバイロン・ハワードと、『ズートピア』で共同監督・脚本を務めたジャレド・ブッシュ。
ジャレド監督は、主人公のミラベルについて「僕らは観客がリアルで、人間らしいと感じ、愛してしまうキャラクターにしたかった。欠点があるけれど、それもまた可愛いと感じてしまうような。彼女は典型的なヒーローではないけれど、多くの人が共感を覚えてくれると思うよ」と、特別な力を持たないヒロインだからこそ生まれる魅力を語る。

『ミラベルと魔法だらけの家』は、11月26日ロードショー。

(C)2021 Disney. All Rights Reserved.

ディズニー最新作「ミラベルと魔法だらけの家」日本版ポスター公開! “魔法を使えない”主人公の魅力を語る監督コメントも

《小野瀬太一朗》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top