【大学受験】立教大「立教経営1day Passport」開催1/8

 立教大学経営学部は、高校生(1、2、3年、受験生)を対象にした、授業体験型オープンキャンパス「立教経営1day Passport」を、2022年1月8日にオンライン(Zoom)で開催する。

教育イベント 高校生
 立教大学経営学部は、高校生(1、2、3年、受験生)を対象にした、授業体験型オープンキャンパス「立教経営1day Passport」を、2022年1月8日にオンライン(Zoom)で開催する。コンセプトは、1日限定大学生として体感できる「立教経営についてわかる!体験できる1日」。

 立教経営1day Passportは、「立教経営についてわかる!体験できる1日」をコンセプトにした、立教大学経営学部が主催する高校生向けの授業体験プログラム。経営学部について知ることができる「立教経営&リーダーシップ説明」や、経営学部経営学科のコアプログラムである、ビジネス・リーダーシップ・プログラム(BLP)の授業「論理思考とリーダーシップ授業体験」、最後に「授業の振り返り」を体験する。2021年度もオンラインで実施。

 このイベントは、約350名の立教経営1年生が出迎える。授業体験は大学生たちと一緒のグループで行い、1日を通してたっぷり交流する。プログラムの合間の休憩時間でも、立教経営のことや大学生活のことが聞ける。

 立教大学は授業運営に学生がかかわる学生スタッフ制度(SA制度)が盛んだ。特に立教経営BLPは、授業運営にさまざまな形でSAたちが協力。この1day Passportも2年生を中心とした学生スタッフによって運営されている。

 当日の司会やイベントの実施サポートといった見える部分だけでなく、そこに至るまでの準備やスライド作り、アイスブレイクのアイディアづくり等、学生スタッフ抜きにしてBLPの授業は語れないという。2年生の先輩たち働きも必見。

 プログラムの冒頭は、立教経営について紹介する「立教経営&リーダーシップ説明」が行われる。授業体験では、経営学部1年生が準備してきた内容を軸に、「論理思考とリーダーシップ」について学んでいく。立教経営の学びは振り返りが常にセット。どんな体験をしてどんな学びがあったのか、大学生の先輩と一緒にワークを通して振り返る。

◆「立教経営1day Passport」2021
日程:2022年1月8日(土)14:00~17:30
実施方法(会場):オンライン(Zoomミーティング)
対象:高校1年生~3年生、高校既卒者(受験生)
定員:300名(申込先着順)
参加申込方法:
(1)立教経営1day Passport2021の公式LINEアカウントを友達追加する。追加したら申込フォームが届く。
(2)URLから申込フォームに飛び、回答する。
(3)すべて回答後、フォームを送信し申込完了。公式LINEから申込完了のメッセージが届く、確認する。

参加要件:
当日はオンラインでの実施となるため、以下3点に同意しての参加となる。
※事前接続会に参加する
※Zoomアカウントは生徒自身で手配する
※PCあるいはタブレットで参加する
※スマートフォンでの参加はできない

事前接続会:
高校生・学生スタッフでグループに分かれ、当日使用するZoomやウェブツールを利用する体験会。立教経営1day passportに参加する方は下記いずれかの日程で必ず参加する
※8月20日に開催された立教オープンキャンパス(BLP体験授業)に参加した人は不要
日程(全9回):
2021年10月23日(土)10:00~、14:00~
10月31日(日)10:00~、14:00~
11月28日(日)10:00~、14:00~
12月4日(土)14:00~
12月12日(日)10:00~、14:00~
《大田芳恵》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top