明大政経学部、新たな国際プログラム…2022年4月開始

 明治大学政治経済学部は、2022年4月から新たにGlobal Career Development Program(グローバルキャリア形成プログラム、GCD)を開始する。専門領域を持ちながら国際通用性を伸ばすことを主眼に置いたプログラム、2022年度以降の入学者が対象。

教育・受験 高校生
Global Career Development Program(グローバルキャリア形成プログラム、GCD)
  • Global Career Development Program(グローバルキャリア形成プログラム、GCD)
  • Global Career Development Program(グローバルキャリア形成プログラム、GCD)
  • Global Career Development Program(グローバルキャリア形成プログラム、GCD)
  • Global Career Development Program(グローバルキャリア形成プログラム、GCD)
  • 堀金由美教授(明治大学政治経済学部)
 明治大学政治経済学部は、2022年4月から新たにGlobal Career Development Program(グローバルキャリア形成プログラム、GCD)を開始する。専門領域を持ちながら国際通用性を伸ばすことを主眼に置いたプログラム、2022年度以降の入学者が対象。

 GCDプログラムは、2022年度以降の入学者を対象に、所属学科それぞれのカリキュラムに応じた科目を自由に履修し、グローバル会社で通用する実践的語学力・コミュニケーション能力に加え、国際社会に関する基礎的知識を習得。柔軟な思考力・洞察力・問題解決力を持ち、世界を舞台に最前線で活躍できる人材を育成する。

 授業は、国際社会で活躍する講師による「就業力育成総合講座」や、グローバル社会で通用する実践的な語学力を強化する少人数授業の「ACE(英語実践力特別強化プログラム)」、世界の名だたる大学で指導する先生から専門分野を英語で学ぶ「トップスクールセミナー」等、多数展開。

 「トップスクールセミナー」は、専門分野の講義が英語で実施。日本にいながら、特別な費用をかけずに世界基準の授業を体験。英語力が磨かれ、専門分野に対する興味や視野が広がる。留学に向けた「留学疑似体験」、留学後のステップアップにも活用できる。

 要件に応じて助成金を受けたり単位を置き換えたりしながら、英国のロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)や シンガポールの南洋理工大学等、世界トップレベルの大学に留学することができる。

 明治大学は、留学できる協定校数が46か国・地域、270大学・学部ある。それに加えて政治経済学部は、学部が独自に設置する留学プログラムも充実。全10学部中で最多の44プログラムある。なお、協定校数・プログラム数は、2021年9月時点もの。

 履修状況に応じて一定の要件を満たした学生は、海外留学や海外インターンシップへの参加を後押しする学部独自の支援金が給付される。

 政治経済学部は、留学生を日常的にサポートする「留学生サポーター」制度を実施している。寝食を共にする合宿、日々の学習支援や生活のサポートの経験を通じて、同世代の学生と相互に異文化理解を深めることができる。
《大田芳恵》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top