日本のアニメデータベース「アニメ大全」1万4千作品を網羅

一般社団法人日本動画協会が、2021年10月22日の「アニメの日」より日本のアニメ総合データベース「アニメ大全」の試験的公開を開始した。

趣味・娯楽 その他
一般社団法人日本動画協会が、2021年10月22日の「アニメの日」より日本のアニメ総合データベース「アニメ大全」の試験的公開を開始した。



「アニメ大全」は、「アニメNEXT_100」プロジェクトとして2015年から推進してきた日本のアニメ100周年記念企画の成果物。
登録アニメ作品数14,249件(2021年9月16日現在)の基本情報を網羅する、日本のアニメに関する世界最大規模のデータベースだ。
様々な詳細情報や各話数177,474件について調査と構築を継続し、現在に至る。

作品名検索に加え、年代検索/五十音(あいうえお)検索/キーワード検索など様々なニーズに対応した検索機能を搭載。研究はもとより、ビジネス活用、クリエイティブ、ファンによる情報収集など「アニメ大全」の情報を共有によって、日本のアニメの未来へつながることが期待される。



今回の試験的公開は、一般公開に先立ち、一般社団法人日本動画協会会員社となるアニメ制作関連各社および著作権者・有識者を対象に、データ精査や機能・動作確認のため実施。
この試験的公開を通じた改修・更新をステップとし、2022年3月の一般公開を予定している。

(C)2017『アニメNEXT_100』
[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]

世界最大規模の“日本のアニメ”データベース「アニメ大全」試験的公開 14,000作品以上の基本情報を網羅

《小野瀬太一朗》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top