CTIS、小学部を新設開校…英日中3か国語習得・IB課程

 CTISは、2022年4月東京都港区南麻布にCapital Tokyo International School(CTIS)小学部を開校する。さらに2023年4月に幼稚部および中学部、2026年4月に高校部を開校予定。IB課程+実践型教育+英日中3か国語習得。小学部1年生から4年生まで入学願書を受付中。

教育・受験 小学生
Capital Tokyo International School(CTIS)
  • Capital Tokyo International School(CTIS)
  • Capital Tokyo International School(CTIS)
  • Capital Tokyo International School(CTIS)
  • [理事長]佐藤崇弘氏
  • [学校長]ドゥーガンヒンチー
 CTISは、2022年4月東京都港区南麻布にCapital Tokyo International School(CTIS)小学部を開校する。さらに2023年4月に幼稚部および中学部、2026年4月に高校部を開校予定。IB課程+実践型教育+英日中3か国語習得。小学部1年生から4年生まで入学願書を受付中。

 Capital Tokyo International School(CTIS)は、LITALICO創業者の佐藤崇弘氏が創立の実践的知識を提供するインターナショナルスクール。4月と9月の年2回入学制。2023年4月は、幼稚部と中学部が同時開校予定。アクセスは広尾駅と白金高輪駅から徒歩圏内。先生と生徒比率は1対8を目標に少人数制。IB候補校として申請中。

 Capital Tokyo International School(CTIS)は、社会の現場で実際に「活用する力」にフォーカスし、PBL(実践型教育)・STEAM(科学・技術・工学・芸術・数学)・国際バカロレアカリキュラム(2022年中PYP候補校申請予定)・英語・日本語・中国語の3か国語習得の4つの特色を掲げている。

 創立者の佐藤氏はエンジェル投資家という顔も持っていて、多数の投資先企業による実務リソースの協力により、CTISの生徒には実践的学習の機会を提供することができる。

 「WHY」を大切にし、思考力や探求心を育てる。また、自分の考えや意見を伝え合うことで、より深い学びに繋げる。授業以外にもCTISが提供できるさまざまな体験学習の場で、生徒に発想、企画、実行という経験を通して、独創力を育てる。

 CTISのコアバリューは、社会に貢献できる、実践的知識を持つ人材・日英トランスリンガル教育+中国語習得・探求心と独創力・真のリーダーシップ。

 11月8日と12月13日にWEB入学説明会を予定している。

◆2022年~2023年の入学の募集
対象:小学1~4年生
申請期間:随時。学年度を通して定員になるまで受け入れを行う(Rolling basis)
入学条件と基準:
・年齢相応の理解力・学力等がある
・教員の指示に従い、行動することができる
・年齢相応の語学力および適応力
・規定の時間枠内に年齢相応の課題をやり遂げることができる
申込方法:Webサイトから申し込む
※詳細は、Webサイトで確認できる
【WEB入学説明会】
日時:2021年11月8日(月)18:30~19:30、12月13日(月)18:30~19:30
申込方法:Webサイトから申し込む
※Zoom開催
《大田芳恵》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top