第8回ワークショップコレクション2/25・26に開催

教育・受験 学習

ワークショップコレクション
  • ワークショップコレクション
  • ワークショップコレクション
  • ワークショップコレクション
  • モノづ くり体感スタジアム
 慶應義塾大学は12月21日、同大学の大学院メディアデザイン研究科(KMD)とNPO法人CANVASが共同主催する「第8回ワークショップコレクション with モノづ くり体感スタジアム」の開催について発表した。

 同イベントは、全国の子ども向けワークショップを一堂に集める「子どものためのワークショップ博覧会」。体験を重視する、子どもたちの学びの場としてのワークショップに注目し、全国的な普及と発展を目指して2004年から毎年開催されており、昨年は2日間で62,000人の来場があったという。

 第8回目となる今回は、2012年2月25日と26日の2日間にわたり、神奈川県横浜市の慶應塾大学日吉キャンパスにて開催する。過去最高の約90のワークショップが出展を予定しているほか、「みんなでつくる」を共通テーマとし、来場者同士が協力して一つの作品を創りあげる大型企画も実施するという。

 また今回は、モノづくり日本会議の共催のもと同会の会員企業による科学・理科教室などのワークショップや展示を行う「モノづくり体感スタジアム」を同時開催。子どもたちにモノづくりの楽しさを伝えていくという。

 さらに、「NHK つくってあそぼ」の“わくわくさん”こと久保田雅人による工作ショー、ビジュアル・プロデューサー季里氏による「デジタルえほんワークショップ」、吉本興業の若手芸人によるお笑いワークショップなど、スペシャルゲストワークショップも予定されている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)