中国、iPhone 4S発売日に販売中止を発表

 米アップルは13日(現地時間)、中国の北京と上海でのiPhone 4Sの販売を中止すると発表した。

デジタル生活 モバイル
 米アップルは13日(現地時間)、中国の北京と上海でのiPhone 4Sの販売を中止すると発表した。

 iPhone 4Sは13日早朝から販売が開始されたが、極めて多くの人が店舗に押しかけ、混乱が起きた。アップルの広報担当者は「中国の店舗ではすでに完売した」とし、加えて「三里屯の店舗はオープンできなかった。顧客と従業員の安全のため、北京と上海では当面、iPhoneの販売はできない」と語っている。

 オープンできなかった三里屯のショップでは、転売目的の業者に雇われた数百人の出稼ぎ労働者が極寒の中、徹夜で待っていたという。中国ではこれまでにもアップルの新製品発売の際に混乱が起きている。

中国でiPhone 4S発売も、混乱のうちに販売を中止

《山田 正昭@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)