デジ教研Open meeting、情報教育とプログラミング3/25

 みんなのデジタル教科書教育研究会は1月16日、「デジ教研 Open meeting 07 in Tokyo 2012/3/25」の開催について発表した。今回のテーマは「デザイン型人材育成のための情報教育とプログラミング教育〜日本の将来をつくる子どもたちのために」。

教育ICT その他
みんなのデジタル教科書教育研究会
  • みんなのデジタル教科書教育研究会
  • 「デザイン型人材」育成のための情報教育とプログラミング教育 
 みんなのデジタル教科書教育研究会は1月16日、「デジ教研 Open meeting 07 in Tokyo 2012/3/25」の開催について発表した。

 同会は、教員、研究者、保護者、出版社、IT企業経営者、プログラマーなどが参加するデジタル教科書に関する研究会。教科書のデジタル化など大きな変革の中で、新しい教育の在り方について議論を行っている。

 今回のテーマは「デザイン型人材育成のための情報教育とプログラミング教育〜日本の将来をつくる子どもたちのために」。デザイン型人材とは、技術者や実業家などが活躍する場を提供し、革新を起こすエンジニアの進化形のことだという。

 こうした人材を育てるために情報教育はどうあるべきかをテーマに、筑波大学教授・久野靖氏による講演「情報教育とプログラミング体験の必要性(仮題)」と、マルチメディア・プロデューサーの高木利弘氏による講演「スティーブ・ジョブズの教育論(仮題)」が行われる。

 また、日本初の子ども向けICT/プログラミングスクール「TENTO」で学んだ小学6年生が、自分たちの作成したJavascriptゲームについてのプレゼンテーションを行う予定。

 定員は先着30名、参加申し込みはホームページより受け付けている。

◆デジ教研 Open meeting 07 in Tokyo 2012/3/25
日時:3月25日(日)13:00〜17:50
会場:筑波大学 東京キャンパス文京校舎1F 134講義室(東京都文京区大塚3-29-1)
 ※丸ノ内線茗荷谷(みょうがだに)駅下車「出口1」徒歩2分
定員:30名(先着順)
参加費:1,000円(当日集金)
申込方法:ホームページより

[プログラム]
13:00 受付
13:30 開会(挨拶・諸連絡)
13:50 プレゼンテーション1
「日本初のICT/プログラミングスクールTENTOの1年」
  草野真一氏(TENTO代表)
  さいたま市立西浦和小学校6年生 大野智葵くん・田中玲至くんによるJavascript作品プレゼン
14:50 プレゼンテーション2
「情報教育とプログラミング体験の必要性(仮題)」
  久野靖氏(筑波大学教授)
15:50 休憩
16:00 プレゼンテーション3
「スティーブ・ジョブズの教育論(仮題)」
  高木利弘氏(マルチメディア・プロデューサー)
17:00 質疑と意見交換
17:50 閉会(諸連絡)
※プログラムの時間帯等は変更になる場合あり。
終了後、駅近くの別会場にて懇親会(18:30開会・会費3,000円)を予定
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)