Kindle Fireが躍進…ブランド別Androidタブレット市場

 米調査会社のフラリーはアンドロイドタブレットのアプリケーションセッションについてブランド別のシェアを発表した。Kindle Fireの躍進が明確な結果となっている。

デジタル生活 モバイル
発表されたグラフ。
  • 発表されたグラフ。
  • Kindle Fire
 米調査会社のフラリーはAndroidタブレットのアプリケーションセッションについてブランド別のシェアを発表した。「Kindle Fire」の躍進が明確な結果となっている。

 発表されたのは、Androidタブレットのアプリケーションセッション(稼動状態)のブランド別のシェア。ホリデーシーズンの前後の比較として、昨年11月と今年1月のデータが発表された。

 これによると、昨年11月にはサムスンの「GALAXY Tab」が63%ものシェアを獲得し、Kindle Fireは発売直後でもあり、わずか3%にとどまっている。ところが今年1月のデータではKindle Fireが36%に激増。ギャラクシーTabと同率のシェア1位に踊りでた。

 Kindle Fireは昨年の11月15日に発売を開始。199ドルという低価格で話題を集め、アップル「iPad」の最大のライバルとも目されている。製造コストを下回るとされる極端な低価格路線のKindle Fireの販売が好調であることが裏付けられ、アップルやサムスンがどのような対応を見せるかも注目される。

Kindle Fireが躍進するAndroidタブレット市場、2ヶ月でシェア激変

《山田 正昭@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)