理科大、葛飾区で小中高生向け科学実験の体験イベント3/3開催

教育・受験 その他

東京理科大学、キャンパス計画
  • 東京理科大学、キャンパス計画
  • 葛飾区、東京理科大学「葛飾キャンパス」
 東京理科大学の学生団体は、小・中・高校生を対象に、科学の楽しさを知ってもらうための科学啓発イベントを開催するという。2013年には葛飾区に新キャンパスがオープンする予定の同大学は、イベントを通じて地元住民との交流を深めている。

 「オドロキ科学箱」と題された同イベントでは、理科大の学生団体「みらい研究室」とともに8種類の実験が体験できる。ホバークラフト作りや生物化学実験、天文学などを楽しく体験できるという。

 2013年4月の新キャンパス開設に向け、同大学と葛飾区は様々な知的交流や地域交流を進めている。新キャンパスには、理学、工学、基礎工学の学生が3,000~4,000人通うと予測されており、キャンパス内の体育館などの施設は。これまでも理科大による科学イベントが葛飾区で開催されており、同大学と地域住民の交流の場が増えているのが伺える。

 イベントの開催は3月3日。対象は葛飾区内在住・在学の小学生・中学生・高校生で、参加は無料。事前申し込みは必要ないが、実験材料がなくなり次第終了する場合もあるという。

◆オドロキ科学箱
実施日時:3月3日(土)10:00~16:00(15:30受け付け終了)
場所:新小岩北地区センター
申込方法:当日受け付け
参加費:無料
対象:葛飾区内在住・在学の小・中・高校生
《湯浅大資》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)