全国の代表48校が参加、科学の甲子園全国大会3/24より

教育・受験 その他

科学の甲子園
  • 科学の甲子園
  • 第1回 科学の甲子園全国大会 参加代表校リスト、代表校コメント
  • 第1回 科学の甲子園全国大会 参加代表校リスト、代表校コメント
  • 第1回 科学の甲子園全国大会 参加代表校リスト、代表校コメント
 科学技術振興機構(JST)は2月28日、3月24日から兵庫県で開催する「第1回 科学の甲子園全国大会」に参加する47都道府県の代表校および特別校1校について発表した。

 同イベントは、高等学校等(中等教育学校後期課程、高等専門学校を含む)の生徒チームを対象とした、理科・数学・情報における複数分野の競技会。科学好きの裾野を広げるとともに、トップ層の学力を伸ばすことを目的として、今年度から新たに創設された。

 競技は、原則として同じ学校の高校1・2年の6〜8人がチームとなり、科学分野のさまざまな課題に挑戦し、問題の解決を目指して競い合う。昨年の7月から各都道府県の教育委員会主催による開催された代表選考会により47の代表校が決定。またJST主催の全国予選から特別枠として1校、合計48校366名の高校生が全国大会に出場する。

 全国大会は、3月24日から26日までの3日間にわたり、兵庫県西宮市の兵庫県立総合体育館で開催する。競技は、物理、化学、生物、地学、数学、情報の問題やその複合問題により活用能力や応用能力を試す筆記競技と、実技競技が行われる。

 実技競技はさらに、物理、化学、生物、地学の各分野に関して実験・観察して考察する能力を競うもの実験系競技と、科学技術を総合的に活用して、ものづくりの能力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、パフォーマンス能力などを競う総合競技の2種が実施され、すべての競技の合計得点によって優勝チームを決定するという。

 出場校には、東京代表・筑波大学附属駒場高等学校や、神奈川代表・栄光学園高等学校、鹿児島代表・ラ・サール高等学校など、全国的に著名な進学校をはじめ、各県のトップクラスの高校が名を連ねている。

◆第1回 科学の甲子園全国大会 
開催日:3月24日(土)〜26日(月)
開催地:兵庫県西宮市(兵庫県立総合体育館)

【参加代表校】
[北海道]北海道札幌啓成高等学校
[青森]青森県立青森高等学校
[岩手]岩手県立盛岡第一高等学校
[宮城]宮城県仙台第一高等学校
[秋田]秋田県立秋田高等学校
[山形]山形県立山形東高等学校
[福島]福島県立福島高等学校
[茨城]茨城県立土浦第一高等学校
[栃木]栃木県立宇都宮高等学校
[群馬]群馬県立前橋女子高等学校
[埼玉]埼玉県立浦和高等学校
[千葉]千葉県立長生高等学校
[東京]筑波大学附属駒場高等学校
[神奈川]栄光学園高等学校
[新潟]新潟県立新潟高等学校
[富山]富山県立富山高等学校
[石川]石川県立金沢泉丘高等学校
[福井]福井県立藤島高等学校
[山梨]北杜市立甲陵高等学校
[長野]長野県諏訪清陵高等学校
[岐阜]岐阜県立岐阜高等学校
[静岡]静岡県立榛原高等学校
[愛知]愛知県立岡崎高等学校
[三重]三重県立伊勢高等学校
[滋賀]滋賀県立膳所高等学校
[京都]京都市立堀川高等学校
[大阪]大阪府立北野高等学校
[兵庫]西宮市立西宮高等学校
[奈良]西大和学園高等学校
[和歌]山和歌山県立桐蔭高等学校
[鳥取]鳥取県立鳥取西高等学校
[島根]島根県立松江南高等学校
[岡山]岡山県立岡山朝日高等学校
[広島]広島学院高等学校
[山口]山口県立宇部高等学校
[徳島]徳島市立高等学校
[香川]香川県立観音寺第一高等学校
[愛媛]愛媛県立三島高校/県立松山東高校(合同チーム)
[高知]土佐高等学校
[福岡]福岡県立明善高等学校
[佐賀]佐賀県立致遠館高等学校
[長崎]長崎県立長崎西高等学校
[熊本]熊本県立第二高等学校
[大分]大分県立大分舞鶴高等学校
[宮崎]宮崎県立宮崎西高等学校
[鹿児島]ラ・サール高等学校
[沖縄]昭和薬科大学附属高等学校
[特別枠]福島工業高等専門学校
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)