アサヒ、エコ&サイエンスの春休みイベント3/24より

 アサヒグループホールディングスは3月23日、小学生とその家族を対象とした「春休みサイエンス&エコ体験イベント」について発表した。大阪市北区の「アサヒ ラボ・ガーデン」で3月24日より順次開催する。

教育・受験 その他
アサヒ ラボ・ガーデン
  • アサヒ ラボ・ガーデン
  • 春休みサイエンス&エコ体験イベント
  • 春休みサイエンス&エコ体験イベント
 アサヒグループホールディングスは3月23日、小学生とその家族を対象とした「春休みサイエンス&エコ体験イベント」について発表した。大阪市北区の「アサヒ ラボ・ガーデン」で3月24日より順次開催する。

 同イベントは、アサヒグループの社員が子どもたちに実験や工作などを通じて、科学の楽しさや環境の大切さを伝える春休みの特別イベント。3月24日の「アサヒの森の間伐材で工作しよう!」を皮切りに、全7テーマをのべ11回実施する。

 内容は、ビールの包装に使用されるダンボールの循環利用として、同社ダンボールを使用した工作サッカーボールづくりや、身近なペットボトルを使っての顕微鏡を作りなど、さまざまなチャレンジが体験できる。

 参加費は無料、「アサヒ ラボ・ガーデン」のホームページから申し込みを受け付けている。

◆春休みサイエンス&エコ体験イベント
実施日:3月24日(土)・25日(日)・27日(火)・28日(水)・30日(金)・31日(土) 、4月1日(日)
対象:小学生とその保護者(一部イベントは学年の指定あり)
参加費:無料
申込方法:アサヒ ラボ・ガーデンのホームページより
[プログラム]
・アサヒの森の間伐材で工作しよう!
・ダンボールでサッカーボールをつくろう!
・手作り顕微鏡で身近なものを見てみよう
・三ツ矢サイダーエコ教室
・親子で楽しくビタミン教室
・サトウキビから砂糖とバイオエタノールをつくってみよう!
・粉ミルクの空き缶を使っていろんなモノをつくってみよう!
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)