高3の萩野公介さん・大塚美優さんが五輪代表に決定…400M個人メドレー

趣味・娯楽 スポーツ

日本オリンピック委員会
  • 日本オリンピック委員会
 東京辰巳国際水泳場で開催中の競泳の日本選手権で2日、高校生の萩野公介(御幸ヶ原SS)さんが男子400メートル個人メドレーを日本新記録で制し、ロンドンオリンピックへの切符を手にした。2位の堀畑裕也さん(日本体育大)も、五輪代表に決定した。

 萩野公介さんは、栃木県宇都宮市にある作新学院高等学校3年生。作新学院高等学校は、硬式野球部などの強豪で知られ、江川卓ら多くのスポーツ選手を輩出している。

 女子400メートル個人メドレーでも、埼玉県にある武南高等学校3年生の大塚美優さん(スウィン大宮)が高校新で優勝し五輪代表に決定。2位の高橋美帆さん(日本体育大)も代表に決定した。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)