スイミング(水泳)に関するニュースまとめ一覧

スポーツしている子供は栄養素が不足…9割以上の管理栄養士 画像
生活・健康

スポーツしている子供は栄養素が不足…9割以上の管理栄養士

 スポーツをしている現代の子供は必要な栄養素が不足しがちだと考える管理栄養士が9割以上にのぼることが2021年9月14日、日本安全食料料理協会の調査結果からわかった。管理栄養士が不足しがちと考える栄養素は「たんぱく質」「ビタミン」「カルシウム」の順に多かった。

【夏休み2021】小学生が一番好きな宿題は「自由研究」 画像
教育・受験

【夏休み2021】小学生が一番好きな宿題は「自由研究」

 小学生が夏休みの宿題で一番楽しいのは自由研究、大変なのは読書感想文であることが2021年7月27日、ベネッセコーポレーションの調査結果からわかった。小学生があこがれているスポーツ選手は、1位が野球の大谷翔平選手、2位がテニスの大坂なおみ選手だった。

体温・体調管理機能にプール問診が追加、アプリで連絡可能に 画像
教育ICT

体温・体調管理機能にプール問診が追加、アプリで連絡可能に

 リーバーは、医療相談アプリ「リーバー」を利用した体温・体調管理機能「LEBER for School(リーバー・フォー・スクール)」に「プール問診、参加可否連絡」機能を追加した。毎朝、アプリで体温・体調を学校に送信する際に、出欠席とプール授業への参加有無を連絡できる。

好きなスポーツ選手、羽生結弦選手が連続で1位に 画像
生活・健康

好きなスポーツ選手、羽生結弦選手が連続で1位に

 笹川スポーツ財団は2021年5月24日、「スポーツライフに関する調査2020」の結果を公表した。好きなスポーツ選手の1位には、フィギュアスケートの羽生結弦選手が選ばれた。18・19歳に限ると、羽生選手と野球の大谷翔平選手、サッカーの本田圭佑選手の3人が同率で1位だった。

みらのび、親子のニーズに合った習い事教室検索サービス 画像
教育・受験

みらのび、親子のニーズに合った習い事教室検索サービス

 朝日新聞社の子供の学び&習い事ウェブメディア「みらのび」が、2021年5月18日より習い事教室の検索サービスをスタートした。簡単な操作で、全国のさまざまな習い事の中から親子のニーズに合った教室を探すことができる。

コロナ禍の水泳授業に、飛沫飛散を防ぐ「水泳レッスンマスク」 画像
教育・受験

コロナ禍の水泳授業に、飛沫飛散を防ぐ「水泳レッスンマスク」

 水泳用品メーカーのフットマークは、装着することでプール内での飛沫拡散を軽減できるマスク「水泳レッスンマスク」を発売している。学校教育現場を中心に採用されており、初回計画数5万枚が完売した。現在、25万枚を追加生産している。

文科省、水泳授業における感染症対策の徹底を呼び掛け 画像
生活・健康

文科省、水泳授業における感染症対策の徹底を呼び掛け

 文部科学省とスポーツ庁は2021年4月9日、学校の水泳授業(幼稚園におけるプール活動を含む)における感染症対策について事務連絡を発出。地域の感染状況を踏まえ、密集・密接の場面を避けるなど対策を講じたうえで、水泳授業の実施について検討するよう呼び掛けた。

子どもに習い事をさせる理由…2位は将来のため、1位は? 画像
教育・受験

子どもに習い事をさせる理由…2位は将来のため、1位は?

 小学生以下の子どもの7割が習い事をしており、習い事をする理由の1位は「子どもがやりたがった」からであることが、カジナビが実施したアンケート調査から明らかになった。人気の習い事トップ5や、1人あたりの月謝など、リアルな習い事事情をまとめている。

スキルアップと安全安心…人気の習い事スイミングに広がるICT活用 画像
教育・受験

スキルアップと安全安心…人気の習い事スイミングに広がるICT活用PR

 小学生に人気の習い事スイミングスクールに、保護者はどのような期待と不安をもっているのだろうか。スキルアップや安全安心をサポートするソニーネットワークコミュニケーションズが開発した「スマートスイミングレッスンシステム 」とは?

おけいこ事を減らした理由「新型コロナ感染回避で休退会」が5割 画像
教育・受験

おけいこ事を減らした理由「新型コロナ感染回避で休退会」が5割

 おけいこ事を減らした理由の5割が「新型コロナ感染回避で休退会」であることが、アクサダイレクト生命保険が行った調査から明らかになった。おけいこ事の数は8割が2019年調査と変わらないものの、新型コロナウイルスによる影響が一部で顕著にみられる結果となった。

0歳から小学生の習い事ランキング、2強は「スイミング」と? 画像
教育・受験

0歳から小学生の習い事ランキング、2強は「スイミング」と?

 0歳~小学6年生までの子どもの8割以上が何らかの習い事をしていることが、「ママスタまなび」の調査で明らかになった。通っている習い事ランキングでは、未就学児と小学生それぞれで「スイミング」と「通信教育」がトップ2だった。

水泳授業、対策のうえ実施可能…文科省が方針 画像
教育業界ニュース

水泳授業、対策のうえ実施可能…文科省が方針

 文部科学省は2020年5月22日、2020年度における学校の水泳授業(幼稚園におけるプール活動を含む)の取扱いについての事務連絡を発出。地域の感染状況を踏まえ、密集・密接の場面を避けるなどの対策を講じることを前提に、水泳の授業の実施は差し支えないとの考えを示した。

大谷翔平らがスポーツの楽しみ方を伝える「TEAM DESCENTE」始動 画像
生活・健康

大谷翔平らがスポーツの楽しみ方を伝える「TEAM DESCENTE」始動

デサントは、同社が展開する各ブランドを代表するトップアスリートがアンバサダーとなり、ユーザーとつながる新プロジェクト「TEAM DESCENTE(チームデサント)プロジェクト」を始動する。

スポーツの魅力と社会貢献を知る「東京雪祭×HEROs FESTA」11/9-10 画像
生活・健康

スポーツの魅力と社会貢献を知る「東京雪祭×HEROs FESTA」11/9-10

日本財団は、スポーツを通し楽しみながら社会貢献を知るイベント「東京雪祭×HEROs FESTA 2019」を11月9日(土)、10日(日)に開催する。

小中学生が好きなスポーツ選手、2年連続の1位は? 画像
生活・健康

小中学生が好きなスポーツ選手、2年連続の1位は?

 小中学生が好きなスポーツ選手の総合1位は「大谷翔平選手」であることが、バンダイが2019年9月24日に発表した調査結果より明らかになった。大谷翔平選手は2年連続で総合1位。テニスの「大坂なおみ選手」は、総合3位、女子1位にランクインしている。

世界水泳7/12よりスタート「世界水泳 韓国・光州2019ガイドブック」 画像
趣味・娯楽

世界水泳7/12よりスタート「世界水泳 韓国・光州2019ガイドブック」

 文化工房は、世界水泳 韓国・光州2019の開幕に先立ち、テレビで世界水泳の観戦を楽しむためのテレビ観戦ガイド「世界水泳 韓国・光州2019ガイドブック」を7月10日(水)に発売する。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 最後
Page 1 of 8
page top