昭文社の登山地図がiPhone対応…GPS等アプリの特性活用

デジタル生活 ソフト・アプリ

昭文社 山と高原地図 iPhoneアプリ
  • 昭文社 山と高原地図 iPhoneアプリ
  • 昭文社 山と高原地図 iPhoneアプリ  高尾・陣馬
  • 昭文社 山と高原地図 iPhoneアプリ 六甲・摩耶(最拡大表示)
  • 昭文社 山と高原地図 iPhoneアプリ 現在地表示とルート線
  • 昭文社 山と高原地図 iPhoneアプリ  取り込んだルート上を歩く
  • 昭文社 山と高原地図 iPhoneアプリスーパーマップル・デジタルで記録管理
昭文社の子会社マップル・オンは、昭文社発行の登山者向け地図『山と高原地図』をiPhoneアプリ化し、第一弾として「奥多摩」「高尾・陣馬」「六甲・摩耶」など11エリアの販売を開始した。

山と高原地図シリーズは、1960年より毎年発行、登山を楽しむ人々に長く親しまれ続けているロングセラー商品。谷や尾根、等高線や登山道を綿密に描き、実踏調査に基づいた登山ルート・コースタイムなどを掲載。全国の名山約1500を紹介したもので、ラインナップは全59点にのぼる。

今回、マップル・オンでは、山と高原地図をiPhoneアプリにすることで、慣れ親しんでいる地図をiPhoneで表示可能とすることに加え、GPSを使って地図上で現在地を確認したり、自分が登ったルートの記録をするなど、アプリならではの便利な機能を実現した。

さらに、記録したルートをメールで送信して、PCで登山記録を管理したり、登山コミュニティサイトに投稿して記録を共有することも可能としている。

地図データはすべてiPhone本体に格納。携帯電話の電波が届かない山中でも安心して使用することができる。

今回発売するのは、「奥武蔵・秩父」「奥多摩」「大菩薩嶺」「雲取山・両神山」「高尾・陣馬」「丹沢」「箱根 金時山・駒ヶ岳」「六甲・摩耶」「御在所・霊仙・伊吹」「金剛・葛城 紀泉高原」「屋久島 宮之浦岳」の全11エリア。4月下旬以降、「日本アルプス総図」を除く全58点を順次発売する。

価格は基本アプリが無料で、地図データは1エリア450円。

昭文社、ロングセラー登山地図をiPhoneアプリ化

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)