重大ニュースを選んでコメント「GKS・ジャーナリスト大賞」

教育・受験 その他

第2回 GKS・ジャーナリスト(G・J)大賞
  • 第2回 GKS・ジャーナリスト(G・J)大賞
  • 重大ニュース2012年(上半期)候補ニュース/応募シート
 現代用語検定協会は6月4日、「第2回 GKS・ジャーナリスト(G・J)大賞」と「第13回 ジュニア・ジャーナリスト(J・J)大賞」の募集についてホームページに掲載した。

 「GKS・ジャーナリスト大賞」は、「Global Knowledge for Students」の略で高校生、大学生、専修学校生が対象。「重大ニュース」の調査と「200字コラムコンクール」で構成され、生徒や学生達が今起こっているニュースにどのような関心をもっているかを「現代用語能力検定」の受検者、学校や大学などの教育機関、ホームページなどを通じて調査するもの。いずれも子どもたちの現代社会に対する関心や情報理解力を高めて、自己の考えを明確に表現する力の養成をめざしている。

 「重大ニュース」の調査方法は、現代用語検定協会が2011年末より今年5月31日までに報道された「国際情勢」「政治・経済」「情報・社会」「環境・科学」「文化・スポーツ」の5つの分野ごとの出来事から候補ニュースを選定して応募シートを作成、そのシートに一人ひとりのベスト10を記入してもらう方法で(選定以外のニュースは記述式)学生達に2012年上半期の重大ニュースを選んでもらう。

 調査期間は2012年6月1日より7月13日までとし、学校や民間教育機関などで応募シートを配布する団体参加とホームページ等からの個人参加で行う。集計方法は1位記入項目を10ポイント、10位を1ポイントとして、ニュース項目ごとに集計し、ポイント数によりランク付けされる。

 同じく「ジュニア・ジャーナリスト大賞」は、小学4年生から中学3年生が対象。「子どもが選ぶ重大ニュース」の調査と「100字コラムコンクール」で構成される。

 「コラムコンクール」は、ベスト10に選んだニュースのひとつに関するコラムを書いて見出しをつける。「コラムコンクール」応募者の中から大賞、優秀賞、佳作を選定し、賞状と副賞(関連出版物「現代用語の基礎知識学習版2012→2013」他、文具券)などが贈られる。

 応募方法は、ホームページにある応募シートに必要事項を記入し、FAX、メールまたは郵送する。

◆第2回 GKS・ジャーナリスト大賞
対象:高校生、大学生、専修学校生
応募期間:6月1日(金)〜7月13日(金)
発表:7月末

◆第13回 ジュニア・ジャーナリスト大賞
対象:小学4年生〜中学3年生
応募期間:6月1日(金)〜7月13日(金)
発表:7月末
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)