東京工業大、物理学の最先端に触れる「高校生のための公開講座」7/28

 東京工業大学理学部物理学科では、第19回 高校生のための公開講座「量子が生み出す不思議な世界」を7月28日に大岡山キャンパスにて開催する。午前の部では、「超低温の世界と巨視的量子現象」、「宇宙の謎にせまる」の講演のほか、学科長による物理学科紹介が行われる。

教育・受験 その他
第19回 高校生のための公開講座「量子が生み出す不思議な世界」
  • 第19回 高校生のための公開講座「量子が生み出す不思議な世界」
  • プログラム
 東京工業大学理学部物理学科では、第19回 高校生のための公開講座「量子が生み出す不思議な世界」を7月28日に大岡山キャンパスにて開催する。

 同講座では、講演と研究室見学を通して高校生に物理学の最先端に触れてもらい、物理への興味をより深めてもらうことを目的に毎年、夏に開催しているもの。高校生のほか、高校の先生も参加対象としている。

 プログラムの午前の部では、「超低温の世界と巨視的量子現象」(奥田雄一氏)、「宇宙の謎にせまる」(山口昌英氏)の講演のほか、学科長(岡真氏)による物理学科紹介が行われる。

 また、午後の部では公開研究室の見学(全17研究室)や、東工大生と語ろう「東工大と物理学科のQ&A」が予定されている。

 参加申し込みは、ホームページの専用フォームより受け付けている。

◆第19回 高校生のための公開講座「量子が生み出す不思議な世界」
日時:7月28日(土)9:00開場 9:30開始
場所:大岡山キャンパス 西5号館W531講義室
対象・定員:高校生、高校の先生を合わせ200名程度
参加費:無料
応募締切:7月17日(火)
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)