つくば市、妊婦検診受診者306名の個人情報をホームページに誤掲載

デジタル生活 行政

複数のメディアの発表によると、茨城県つくば市は6月21日、同市のホームページに個人情報を誤って掲載していたことが判明した。これは、同ホームページの妊婦検診の申請書に、検診を受診した妊婦306名の個人情報が掲載されていたというもの。誤掲載されたのは、2011年度に県外で妊婦検診を受けた市民の氏名と医療機関、その医療機関と市との契約状況。同市によると、2012年3月に同ページを更新した際に誤って添付してしまったという。

妊婦306名の個人情報を市のホームページに誤って掲載(茨城県つくば市)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)