ロンドン五輪、女子バレー代表発表…3大会連続出場を目指した栗原恵が外れる

趣味・娯楽 スポーツ

日本バレーボール協会ホームページ
  • 日本バレーボール協会ホームページ
  • 日本バレーボール協会ホームページ
 日本バレーボール協会は25日、ロンドン五輪へ出場する女子代表メンバー12人を発表。同協会のホームページでも公開されている。

 セッターの竹下佳江とエースの木村沙織が、アテネ、北京に続いて3大会連続で選出された。佐野優子と荒木絵里香は北京から2大会連続出場となり、大友愛がアテネ以来2大会ぶりに選出されている。3大会連続出場を目指していた栗原恵は外れた。

 五輪初出場となるのは、最終予選にも出場した中道瞳、山口舞、新鍋理沙、江畑幸子、狩野舞子、迫田さおりの6名と井上香織。リザーブ選手として、石田瑞穂が事前合宿や大会期間中、チームに帯同する。

 眞鍋政義監督は「非常に難しい選考となったが、日本がオリンピックでメダルを獲得するための12名を選んだ。ともに行くことのできない選手たちがいるが、彼女たちの力なしにはここまで来ることはできなかった。その選手たちを含めてのチームジャパン。その一人一人の想いとともに戦い、必ずや目標を達成したい」とコメントしている。

「メダルを獲得するための12名」……女子バレー五輪代表発表、メグ外れる

《織本幸介@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)