2016年、タブレット端末の出荷台数がノートPCを上回る…

デジタル生活 モバイル

ノートPCとタブレットの出荷台数予測
  • ノートPCとタブレットの出荷台数予測
  • 新興市場と成熟市場の比較
 米ディスプレーサーチは3日(現地時間)、2016年にタブレットの出荷台数がノートPCを上回るとの予測を発表した。ノートPCは成長を続けるが、タブレットはそれを上回る成長でノートPCを追い越す。

 発表されたデータによると、ノートPCは2012年の出荷台数が2億800万台で2017年には3億9300万台まで増加する。一方、タブレットの2012年の出荷は1億2100万台で、2017年には4億1600万台と大幅に増加する予測だ。

 同社ではノートPCがタブレットの挑戦を受けて生き残るために、薄型のフォームファクター、高解像度のディスプレイ、さらにタッチ機能の搭載が増加すると予想している。ノートPCはかつて低価格なネットブックが一世を風靡したが、今ではその市場は完全にタブレットに奪われている。現在はMacBook AirやUltrabookのような薄型で性能の高いモデルが人気を集めている。

タブレットの出荷台数、2016年にノートPCを上回ると予測

《山田 正昭@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)