スマートデバイスに対応した授業収録・配信ソリューション、9/3提供開始

教育ICT モバイル

ArgosView授業配信システム
  • ArgosView授業配信システム
  • スマートデバイス向け情報配信・共有サービス「Handbook(ハンドブック)」
 パナソニック インフォメーションシステムズの子会社ヴイ・インターネットオペレーションズ(VIO)は、インフォテリアと協業で、スマートデバイスに対応した授業収録・配信ソリューションの提供を9月3日より開始する。

 ArgosView授業配信システムは、VIOが開発した授業収録・配信システム「ArgosView授業配信システム」と、インフォテリアが提供するスマートデバイス向け情報配信・共有サービスのスタンダード「Handbook(ハンドブック)」と連携させ、講義映像や資料の収録から、PCやスマートデバイスへの配信までを自動的に行うもの。

 同システムでは、特殊機材の代わりに標準製品であるネットカメラやLANを使用し、システム構築を低価格で実現。講義の時間割に合わせ、収録から配布用データへの変換までを自動化する。Handbook連携オプションの場合、配布用データをそれぞれのサーバへ自動配信することも可能。カメラの操作や収録映像の編集、データ変換などが不要となるため、運用を簡素化できる。

 VIOでは、スマートフォンやタブレットPCなど可搬性の高いスマートデバイスに対応することで、より講義コンテンツを視聴しやすい環境を実現し、授業の二次活用を促し、生徒へ向けた学習サービスの充実を図ることができるとしている。

 価格は、基本パッケージ(4教室)が200万円から、年間保守費用20万円から。Handbook連携オプションが120万円から、年間保守費用12万円から。別途IPカメラ、サーバ等ハードウェアが必要。
《纐纈 敏也》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)