文学部を知りたい人のための市大授業…大阪市立大学院文学部が開催

教育・受験 その他

文学部を知りたい人のための市大授業
  • 文学部を知りたい人のための市大授業
  • 2012年春 模擬授業光景
  • 大阪市立大学 アクセスマップ
 大阪市立大学院文学部研究科文学部は10月8日、高校生・予備校生等を対象とした「文学部を知りたい人のための市大授業」を開催する。定員は各授業につき100名となっており、無料で参加可能だ。開催内容は以下のとおり。

・第1時限 13時~14時10分
木村美成「空間をデザインする 街づくりと地図」
 街づくりをするときには「地図」が必要。最近では技術の発達により、3次元の地図を活用しながら街づくりが進められている。どのように活用されているか、最新技術を紹介しながら説明する。

福島祥行「わたしのきもちは伝わりますか?」
 コミュニケーション研究を概観し、勉強や会議、日常生活での応用に関する可能性について講義を行う。

仁木宏「信長の安土 秀吉の大阪 天下人の城と城下町を究める」
 織田信長・豊臣秀吉が行った城づくり、町づくりには、政策や権力者としての特徴、人格が表現されている。現在、古地図・屏風絵や発掘調査、フィールドワーク、地中レーダー探査を駆使し、安土・大阪の城と城下町の様子が解明されつつある。研究の最前線の様子を紹介する。

・第2時限 14時20分~16時
「文学部学生とのフリートーク!!」
 文学部学生たちが、大学での勉強、クラブ活動、就職などについての最新情報を参加者に伝える。

◆文学部を知りたい人のための市大授業
日時:10月8日 13時〜16時
対象:高校生・予備校生等
定員:各授業につき100名
参加費:無料
《長尾 美奈子 》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)