【高校受験】大阪府、調査書に絶対評価を導入

リサーチ 教育

通知表に相対評価を記載している中学校数
  • 通知表に相対評価を記載している中学校数
  • 絶対評価と相対評価の整理
 大阪府教育委員会は8月30日、府立高校入試の調査書に記載する評価について、相対評価から絶対評価へ変更する方針を固めた。

 現在、府立高校入試の調査書に相対評価が導入されているため、中学3年生の通知表は、府内の半数を超える中学校が相対評価を記載している。とくに、大阪市は、1年生から相対評価を記載している学校が7割を超え、3年生では約9割という。

 相対評価から絶対評価へ変更するには、各中学校が適切な評価基準作成を進め、絶対評価が定着するまでには一定の期間が必要であるとし、実施時期は市町村教育委員会の意見を聞きながら調整するという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)