産・官・学連携の小学生向け職業体験事業、初開催…帯広市

教育・受験 その他

おびひろキッズタウン
  • おびひろキッズタウン
  • 職業体験 体験型
  • 職業体験 訪問型
  • 職業体験 物販型
 北海道コカ・コーラボトリングは、帯広市、帯広市教育委員会、帯広市文化スポーツ振興財団、地元企業と協働し、「おびひろキッズタウン」を9月8日(土)に初開催する。

 同事業は、帯広市開拓130年・市制施行80年の記念事業として、子どもたちが親しみやすい職業体験を通じて、自主性の醸成や、社会の仕組みの学習を応援することを目的としている。

 対象は小学3、4年生で、仮想上のまち「おびひろキッズタウン」で希望する職業に就職し、その仕事を体験する。

 一つの職業体験を終了すると、就業時間に応じて疑似貨幣「じゃが」を給料として受け取ることができ、自分で稼いだ給料で買い物もできる。

 「おびひろキッズタウン」には原則として保護者が入場・干渉出来ない仕掛けとなっていて、自分で考え行動する達成感を感じてもらうことを主旨としている。

◆おびひろキッズタウン
日時:9月8日(土)10:00〜16:00
会場:帯広の森体育館(帯広市南町)
対象:市内小学生約370名
参加費:無料
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)