小3〜5年対象、環境問題をテーマにしたアニメをつくろう…11/18

 ソニーの体験型サイエンスミュージアム「ソニー・エクスプローラサイエンス」(東京都港区)では11月18日、小学3-5年生を対象に、「アニメーション・ワークショップ 〜環境問題を考えながら、映像の仕組みを体験しよう〜」を開催する。

教育・受験 その他
ソニー・サイエンスプログラム、アニメーション・ワークショップ、昨年の様子
  • ソニー・サイエンスプログラム、アニメーション・ワークショップ、昨年の様子
  • ソニー・サイエンスプログラム、アニメーション・ワークショップ、昨年の様子
  • ソニー・サイエンスプログラム、アニメーション・ワークショップ、昨年の様子
  • ソニー・サイエンスプログラム、アニメーション・ワークショップ、昨年の様子
 ソニーの体験型サイエンスミュージアム「ソニー・エクスプローラサイエンス」(東京都港区)では11月18日、小学3-5年生を対象に、「アニメーション・ワークショップ 〜環境問題を考えながら、映像の仕組みを体験しよう〜」を開催する。

 「リサイクル・資源」をテーマに、チームに分かれてクレイ(粘土)アニメーションを制作する体験を通して、環境問題の現状と対策を知り、ソニー製品に応用されている最新の映像技術を体験できるワークショップとなっている。

 講師には、東京造形大学・デザイン学科の山際康之教授を招き、同大学の学生スタッフの協力で実施する。

◆アニメーション・ワークショップ 〜環境問題を考えながら、映像の仕組みを体験しよう〜
日時:11月18日(日)13:00〜17:00
会場:ソニー・エクスプローラサイエンス内「サイエンスシアター」(東京都港区)
対象:小学3〜5年生
定員:30名
参加費用:無料(別途入場料大人500円、小人300円要)
応募締切:11月8日(木)
応募方法:Webサイトより
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)