アマゾン、10/25開設の「Kindleストア」で紙の本とKindle版の価格比較が可能

デジタル生活 ソフト・アプリ

「Kindleストア」トップ画面
  • 「Kindleストア」トップ画面
  • 各書籍の紹介ページ
  • Kindle無料アプリ
  • 無料本のページ
 Amazon.co.jpは25日、電子書籍ストア「Kindleストア」をオープンした。

 トップページでは、新刊ピックアップ、ジャンル別ベストセラー、洋書・言語別などに作品を紹介。Amazon先行配信タイトルもある模様。また画面上部、および画面左側のジャンル欄の上部には「無料本」(43,001冊)へのリンクも用意されている。

 ジャンル別では、文芸・評論(26,271冊)、コミック(15,261冊)を中心に、コンピュータ・IT(188冊)、ビジネス・経済(1,538冊)、ラノベ・BL(3,902冊)、エンターテイメント(495冊)、趣味・実用(1,587冊)など、幅広い書籍をラインアップした。

 各書籍の紹介ページでは、「紙の本の価格」(中古含む)とともに、「Kindle価格」として、Kindle版の価格が表記されており、ひとめで価格差が把握できるようになっている(コミックなど一部作品は、Kindle価格のみ表示)。9~30%ぐらいのオフ作品が多いようだ。また「Kindleをお持ちでない場合、こちらから購入いただけます」というリンクがあり、紙の本を購入することも可能だ。

 また「Kindleストア」で購入した作品をiPhone/iPod touch、iPad、Android端末で読書できるよう、それぞれの専用アプリも用意されている。

アマゾン、「Kindleストア」をオープン……“紙の本の価格”と“Kindle価格”を掲載

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)