地図と測量の科学館で地球の大きさを測るイベント11/3開催

教育・受験 学習

地図と測量のおもしろ塾
  • 地図と測量のおもしろ塾
  • 科学館の地図
  • 説明を受けてから測量を行う
  • 実際に測量を体験
 地図と測量の科学館は11月3日に、小学校中学年から高学年を対象とした「地図と測量のおもしろ塾」を開催する。地球の大きさを手と足で測り、地球を身近に感じられる体験型のイベント。参加費は無料で、各回先着50人、計100人を募集する。

 国土地理院の「地図と測量の科学館」は、国内で初めての地図と測量に関する展示施設で、さまざなな企画展やイベントを行っている。

 今回は、館内の屋外展示施設「日本列島球体模型」などで、地球の大きさを自分の手と足を使って楽しみながら測ることができる。

 「日本列島球体模型」は、高さ約2m、直径約22mあり、20万分の1の地勢図が陶板に焼き付けられ、球体の表面を覆っているもの。地球の丸さや日本の領域の広さなどを体感できる。

 また、館内ではクイズラリーもでき、地図を参考に「地球ひろば」に隠された地図記号を探し出すゲームも楽しめる。

◆「地図と測量のおもしろ塾」
日時:11月3日(土)1日2回(10:00~12:00、13:30~15:30)
会場:地図と測量の科学館(つくば市北郷1)
内容:「地球の大きさを自分の手と足で測ってみよう」
対象:小学校中学年~高学年程度
募集:各回50人(先着順)、計100人
参加費:無料
申し込み:電話、ファクス、メールで申し込み。詳しくはホームページで確認のこと。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)