【大学受験2013】神奈川大学給費生試験、12/23全国19会場にて実施

教育・受験 受験

神奈川大学 給費生試験
  • 神奈川大学 給費生試験
  • 給費生試験の特徴
  • 給費生試験の特徴
  • 給費生試験の特徴
  • 給費生試験会場
 神奈川大学は12月23日、給費生試験を横浜キャンパスほか、全国各都市18会場にて実施する。

 給費生試験とは、神奈川大学独自の奨学金制度として1933年より実施されている入試制度で、「全国各地での地区試験」「返還不要な給費生制度」という、当時としてはほかに例を見ない仕組みを導入したものという。単に経済援助を目的とするだけでなく、広く全国から向学心に燃える優れた人材を募り、才能を育成することを目指したものだという

 本試験で優良な成績を収め、給費生に採用されて入学すると、返還義務のない奨学金を4年間にわたって受けることができる。卒業後の進路拘束もないという。また、採用されなかった場合でも、2月の入学試験の合格者と同等、もしくはそれ以上の学力を有すると認められた場合は、2月の入学試験を免除して入学が許可される。

 試験は北海道から沖縄までの全国各都市、全19会場にて一斉に実施。地方在住の受験生も地元での受験が可能となる。試験問題は一般入試と同等なレベルの3科目型で作られているため、一般入試対策をしていれば対応できるという。

◆2013年度 給費生試験
出願期間:
郵送 11月26日(月)〜12月10日(月)
窓口 12月11日(火)10:00〜15:00
試験日:12月23日(日・祝)
合格発表:2013年1月9日(水)
募集人員:全学部100名
地区試験会場:横浜・札幌・秋田・仙台・郡山・新潟・金沢・松本・甲府・高崎・水戸・さいたま・千葉・静岡・名古屋・広島・松山・福岡・那覇
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)