MSオフィスの操作スキルを競う学生世界大会…参加者受付

教育ICT ソフト・アプリ

2012年大会・開会式の様子
  • 2012年大会・開会式の様子
  • 2012年大会・表彰式での日本代表
  • 2012年大会・各国の学生との交流
  • 2012年大会・日本代表の5名
  • 2012年大会・グランドキャニオン
  • 2012年大会・試験会場前
  • 2012年大会・試験を受ける日本代表
  • 2012年大会・日本代表への応援メッセージ
 オデッセイ コミュニケーションズなどは、来夏に米ワシントンD.C.で決勝が行われる「MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)世界学生大会2013」の参加者を現在、募集している。

 同大会は、MOS試験を実施・運営するオデッセイ コミュニケーションズと試験システムを開発している米Certiport社が主催。MOS試験合格者の学生がワード、エクセル、パワーポイントの操作スキルを競う世界規模のパソコン大会。

 2012年大会には、世界53か国から延べ52万1,000人の学生が参加。その中で、決勝戦(米ラスベガス)に日本代表として出場した横浜国立大学の星野亜衣さんが、ワード2007部門で世界第2位となった。2010年には、早稲田大学先進理工学部の佐志原美潮さんがエクセル2007部門で世界チャンピオン、2011年には、大原情報ビジネス専門学校池袋校の寺尾瑞希さんがワード2007部門で世界チャンピオンとなり、日本代表の快挙が続いている。

 現在、「MOS世界学生大会2013」の日本代表を選出する、日本大会の申込み受付が開始されている。参加者希望は、1次選考として2013年3月31日までにMOS試験を受験。各部門から得点順に順位を出し、ワード、エクセル、パワーポイントの金賞、銀賞、銅賞、入賞を選出。各部門の上位3名(金賞、銀賞、銅賞)が2次選考に進み、「小論文」「成績証明書」を提出し、面接を実施。1次選考の試験の成績に加え、応募者の目的意識や学業への取り組み姿勢等、総合的な判断結果をもって日本代表を決定する。

◆MOS世界学生大会2013
参加登録方法:
2013年4月2日(火)午前10時までに公式サイトの大会申込みフォームより登録
参加資格:
2013年3月31日(日)までの期間にMOS試験を受験して合格した方で、受験時に大学、短期大学、専門学校、高等学校、高等専門学校、高等専修学校に在籍している学生(大学院生は除く)
対象試験:
ワード、エクセル、パワーポイント(バージョン2007/2010)
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)