筆圧1,024段階検知、最大通信距離30mのペンタブレット

教育ICT その他

上部に16個のマクロキーを搭載。ワイヤレスペンタブレット「GH-PTB10W」
  • 上部に16個のマクロキーを搭載。ワイヤレスペンタブレット「GH-PTB10W」
  • 「GH-PTB10W」
 グリーンハウスは19日、ワイヤレスでパソコンを操作できるペンタブレット「GH-PTB10W」を発表した。販売開始は11月下旬で、価格はオープン、直販価格は24,000円。

 「GH-PTB10W」は、2.4GHzの無線で接続し、離れたところからパソコンを操作することもできるワイヤレスペンタブレット。最大通信距離は30mで、ケーブルなしで自由に持ち歩きながら使用が可能。入力方式は電磁誘導方式で、筆圧は1,024段階検知。リチウムイオンバッテリ(3.7V、750mAh)を内蔵しており、連続使用時間は16時間、バッテリサイクル寿命は 約400回となっている。

 また、タブレット本体には、よく使う操作やソフトを登録できる16個のマクロキーやページアップ/ダウンボタン、音量調整タッチセンサーを搭載する。

 付属の電子ペンは単4形乾電池×1本で動作し、電池持続時間は約1,680時間。

 対応OSは、Windows XP/Vista/7/8、Mac OS X 10.4以降。手書きで簡単にメモが取れる「Free Note」、Microsoft Officeと連動できる「Office Link」、PowerPointの実行画面に手書き入力できる「Power Presenter RE」などが付属している。本体サイズは、幅267mm×高さ279mm×奥行21mmで、重量は643g。

筆圧1,024段階検知、最大30m離れてPC操作もできるペンタブレット「GH-PTB10W」

《関口賢@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)