「高校生ロボット相撲全国大会」ものつくり大学で11/25開催

趣味・娯楽 その他

高校生ロボット相撲全国大会
  • 高校生ロボット相撲全国大会
  • ロボット相撲大会公式キャラクター「ロボちゃん」
  • ロボット相撲のルール
 全国工業高等学校長協会と富士ソフトは共催で「第20回高校生ロボット相撲全国大会」をものつくり大学にて11月25日(日)に開催する。参加者が自作したロボットを力士に見立て、技術とアイデアで相手を土俵から押し出し、強さを競う。大会は入場無料で誰でも観戦できる。

 「全日本ロボット相撲大会」は、ロボット作りを通して「ものづくり」の楽しさを知ってもらう場を提供することを目的に1990年より開催し、今回で24回目を迎える。参加資格に制限のない「全日本の部」と地区大会の開催地域の高校生だけが参加できる「高校生の部」で構成され、それぞれ自動的に動くプログラムを内蔵した「自立型」と、ラジコン操縦で動かす「ラジコン型」の2種類のロボットがエントリーする。

 「高校生の部」は第5回大会から開催され、今年で第20回大会を迎える。今回は、115校より296台のロボットがエントリーし、地区大会を勝ち抜いた64台が「横綱」を目指して熱戦を繰り広げる。なお、優勝者には文部科学大臣賞、技術的に優れたロボットには経済産業大臣賞が授与される。

 昨年開催された同大会の自立型部門では、大分県立国東高校が女性チームとして初の優勝という快挙を達成。ラジコン型部門では、富山県立富山工業高校の2年生チームが優勝した。

 なお、今大会より富士ソフト開発の大会運営システムを導入し、会場に設置したTVモニターやiPad、iPhoneなどのモバイル端末でトーナメントの進行状況をタイムリーに表示するという。

◆高校生ロボット相撲全国大会
日時:2012年11月25日(日)11:00開会式/11:30試合開始/15:00表彰式
会場:ものつくり大学(埼玉県行田市前谷333)
対象:誰でも観覧できる
参加費:無料
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)