民主党の子育て支援策、動画やPDFで公開

教育・受験 その他

マニフェスト発表会見の模様
  • マニフェスト発表会見の模様
  • 民主党の政権政策
  • 子育て支援
  • 2009年~2012年の子育て支援実績
 民主党は、11月27日に行ったマニフェスト発表会見の模様をホームページにて動画配信している。また、選挙特設サイトでは、マニフェストの概要版として「政権政策」をPDFとテキスト、音声で公開している。

 民主党の子育て支援策として、待機児童解消や放課後児童クラブの定員増加が掲げられている。具体的には、待機児童解消に向け、3歳未満児の保育所などの利用者を86万人(2012年度)から122万人(2017年度)に増やし、放課後児童クラブの定員を85万人(2012年度)から129万人(2017年度)に増やすという。

 子どもにかかわる施策について、省庁の縦割りを排し、総合的な子ども・子育て支援を実施するため、2014年までに「子ども家庭省(仮称)」の設置について結論を出すとしている。

 また、いじめ防止や子どもの虐待防止、通学路の安全、公立学校施設の耐震化、コミュニティスクールの増設、教員の修士比率の引き上げ、教育委員会制度の見直しなどを掲げている。

 なお「政権政策」は、選挙期間中に街頭演説等で配布する「政権公約」(マニフェスト完全版)と一部表現が異なる。

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)