ユース向けの教育を目的とした世界遺産カレンダーアプリ、5言語でミニ知識を紹介

教育ICT ソフト・アプリ

「Panasonic世界遺産カレンダー」イメージ
  • 「Panasonic世界遺産カレンダー」イメージ
  • カレンダー配布サイト
  • カレンダーの基本的な操作
  • カレンダーの各機能
 ユネスコ世界遺産センターとパナソニックは12日、タブレットPCにも対応した世界遺産カレンダーアプリ(iPad版/Android版)の配信を開始した。

 アプリは、iPad版、Android版、さらにWindows版とMacintosh版がそれぞれ用意されており、インストールすると、世界遺産の美しい写真入りのカレンダーがいつでも閲覧できる。さらに世界遺産に関する「ミニ知識」が日本語、英語、フランス語、中国語および、スペイン語で表示される。スライドショーにしてフォトフレームのように表示することも可能。なおWindowsとMacintosh向けには、壁紙アプリケーションも用意されている。

 これらのコンテンツは、特にユネスコスクール(世界180カ国、9,000校)を中心としたユース向けの教育を目標としているとのこと。ユネスコとパナソニックは、世界遺産保護を通じた環境教育を訴求する目的で、1995年から壁かけカレンダーを、2010年度からWEB版を制作している。

パナソニック、2013年世界遺産カレンダーアプリを配信……iPad、Windows 8タブレットなどで利用可能

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)