12/13夜が絶好の観測チャンス、ふたご座流星群

教育・受験 その他

2012年12月14日 午前2時ごろ、ふたご座流星群が流れるようす(アストロアーツ)
  • 2012年12月14日 午前2時ごろ、ふたご座流星群が流れるようす(アストロアーツ)
  • 流星キャッチャー(ウェザーニュース)
 今年最後のビック天体イベントとなる「ふたご座流星群」は、全国の広い範囲で12月13日夜、絶好の観測チャンスとなりそうだ。

 アストロアーツによると「ふたご座流星群」のピークは12月14日(金)の朝8時ごろ。今夜から明日の早朝にかけてが観測チャンスとなる。12月13日から14日にかけての夜は、月明かりがまったくなく観測条件がよいという。

 気になる天候だが、ウェザーニューズによると、13日は高気圧の影響で、西日本から東日本を中心に広い範囲で晴れ。西日本は西のエリアから雲が広がる予想のため、早めの時間帯が観測チャンス。北日本の日本海側から北陸では寒気の影響で雲が多くなるが、雲の隙間から流星を見られるチャンスがある見込みという。

 ウェザーニューズは、新サービス「流星キャッチャー」において、全国7スポットに中継カメラを設置し、視聴者とともに流星観測を行い、流星が観測された際、その流星シーンを登録者に動画配信する。24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて、流星中継を行う。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)