ソニーストアが電子書籍リーダーの価格改定…8,980円に値下げ

デジタル生活 モバイル

「PRS-G1」ブラック
  • 「PRS-G1」ブラック
  • 「PRS-G1」ホワイト
  • 16階調のグレースケール、8段階の文字サイズに対応し、どんな角度からでも文字が読み取りやすい
  • 電子書籍ストア「Reader Store」のトップ画面のイメージ
 ソニーストアは、電子書籍リーダー「Reader」の3G+Wi-Fi対応「PRS-G1」の価格改定を実施。10,800円から8,980円へ1,820円の値下げとなる。

 同製品は、6型タッチディスプレイを搭載した電子書籍リーダー。3GとWi-Fiの2種類でワイヤレス通信に対応するモデルで、電子書籍ストア「Reader Store」にアクセスし、書籍コンテンツの閲覧から購入、ダウンロードまでを行える。

 2GBメモリを内蔵し、一般的な電子書籍を約1,400冊、コミックを約35冊保存することが可能。microSDカードスロットを装備し、最大32GBまで保存容量を拡張できる。

 対応ファイルは、電子書籍が配信コンテンツ.mnh/XMDF(.zbf)/ドットブック(.book)/EPUB(.epub)/PDF(.pdf)/テキスト(.txt)、音楽がMP3(.mp3)/AAC(.mp4/.m4a)、写真がJPEG(.jpg/.jpeg)/GIF(.gif)/PNG(.png)/BMP(.bmp)。

 本体サイズは幅約110×高さ173×奥行き9.4mm(最大10.1mm)、重さは約185g(バッテリ含む)。本体カラーはブラック/ホワイトの2色をラインアップ。付属品はタッチペン/USBケーブル/保護ポーチなど。

ソニーストア、3G+Wi-Fi対応電子書籍リーダー「Reader」を値下げ

《加藤@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)