手軽にデジタル教材を作成、教育機関向けの「ThinkBoard」登場

教育ICT ソフト・アプリ

シンクボードスクールセット
  • シンクボードスクールセット
  • シンクボードスクールセット 製品概要
  • シンクボードで新しい授業
  • シンクボードスクールセット 主な特徴
  • ゼッタリンクス
 コンテンツ制作・配信システムソフト「ThinkBoard」を販売しているゼッタリンクスは、教育機関向けの「シンクボードスクールセット」の発売を開始。先生が簡単にオリジナル教材を作ることができるソフトウェアとなっている。

 教育現場では各学校にタブレットPCや電子黒板など多数の教育用ICT機器が整備されており、ICTを活用して学力向上につながる具体的な取り組みが求められている。

 同ソフトでは、パソコンのデスクトップ画面を背景として、その上に手書きと声を同時に記録し、オリジナルのデジタル教材を作成することができるという。先生がオリジナルのデジタルコンテンツを作成して授業で活用したり、生徒たちが自由に閲覧できる環境を作って予習や復習をさせたり、欠席時の補修に活用したりできる。また、Windows8のタッチ機能に対応しているため、タブレットPCの特性をいかした授業を実現することも可能になるという。

 同ソフトの特徴は、1024×768から1920×1080のフルHDを収録することが可能。手書き描画の動きはなめらかに、細かい文字や罫線はくっきりとスムーズな記録・再生が行えるという。ペンの太さや色も複数用意し、内容に合わせて自由に表現することができる。

 さらに、収録されたコンテンツは声の音程を変えずに倍速で再生することも可能。チャプターを利用すれば目的の場所から再生できるため、前の授業の振り返りに役立つという。また専用プレイヤーは無料で提供されており、ダウンロードすることができる。

 同ソフトのメニュー画面は先生用と生徒用の2種類で編集可能。また先生が簡単にコンテンツ作成ができるよう、400種のオリジナル背景テンプレートが用意されているという。

◆ThinkBoard SchoolSet(シンクボードスクールセット)
価格:小学校・中学校・高等学校・特別支援学校向け標準パッケージ ¥57,750
大学・短期大学・高等専門学校向け標準パッケージ ¥115,500
企業・一般ユーザー向け標準パッケージ ¥136,500
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)