ソニーの科学館で電気エネルギーを学ぶ「発電・蓄電ワークショップ」3/2-3

趣味・娯楽 その他

ソニー・エクスプローラサイエンス
  • ソニー・エクスプローラサイエンス
  • つくって、わかる。発電・蓄電ワークショップ
 科学館ソニー・エクスプローラサイエンスで「つくって、わかる。発電・蓄電ワークショップ」を、3月2日(土)と3日(日)に開催する。ソニーのエンジニアが講師となって、電気エネルギーの原理や未来の供給方法などを楽しく学ぶことができる。

 東日本大震災をきっかけに、大きな関心が集まっている電気エネルギー。ワークショップでは、子どもたちが自らの手で発電と蓄電を体験できるオリジナルの「振動型発電機(スティックジェネレーター)」を組み立て、発電や蓄電のしくみを理解し、電力の有効利用や再生可能エネルギーを学ぶ。

 参加はホームページからの応募フォームからの事前申込制で、小学校3年生から6年生の児童とその保護者の2名1組で応募ができる。応募者多数の場合は抽選となり、参加当選者には2月26日(火)までに参加証が郵送される。参加費は無料だが、別途入場料が必要。

◆つくって、わかる。発電・蓄電ワークショップ
日時:3月2日(土)、3日(日)13:30〜15:30
会場:ソニー・エクスプローラサイエンス
対象:小学校3年生から6年生の児童とその保護者
※必ず保護者1名、児童1名の2名1組で申し込むこと。保護者1名、児童2名などの申込みは無効となるので注意。
募集人数:各日24組(48名)
締切:2月21日(木)
参加費:無料(入館料は別途必要)
申込方法:ホームページの応募フォームから申込み
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)