Androidアプリを家庭のテレビで利用可能に、KDDIの「Smart TV Stick」

デジタル生活 ソフト・アプリ

「Smart TV Stick」機器本体及びリモコン外観
  • 「Smart TV Stick」機器本体及びリモコン外観
  • HOME 画面イメージ
  • サービス利用イメージ
  • 「Smart TV Stick」主な仕様
  • 「Remote TV」外観
  • 「Remote TV」の主な仕様
 KDDIと沖縄セルラーは19日、インターネット上の映像サービスに加え、Androidアプリを家庭のテレビで利用可能となる、スティックタイプの小型STB「Smart TV Stick」を正式発表した。2月23日より、全国のauショップ、PiPit、au取扱店およびauオンラインショップで販売開始する。

 「Smart TV Stick」(Android 4.0搭載)では、スマートフォン、タブレットおよびPC向けに提供されていたビデオパス、YouTube、ニコニコ動画などの動画コンテンツ、うたパスなどの音楽コンテンツ、auスマートパスやGoogle Playで提供されるゲーム、ショッピング、フィットネスなどが、家庭のテレビで利用可能となる。

 また、Bluetoothを利用した専用リモコンが同梱されており、ポインティングモードでは、テレビ画面に向けてリモコンを上下左右に動かすだけで直感的にゲームなどがプレイできる。

 スマートフォン/タブレットにあらかじめ「Connect Play」アプリをインストールすることで、Smart TV Stick上の文字入力(スマホタッチ操作や音声入力)や、スマートフォンで検索した情報のテレビ転送表示等、Smart
TV Stickをより簡単に操作できる。またスマートフォンやタブレットで途中まで聴いていた音楽チャンネルやFMラジオを、Smart TV StickをつないだTVスピーカーで続けて聴くことができる。3月からは、映像コンテンツの引き継ぎ視聴(ビデオパス)に対応する。

 さらにKDDIと沖縄セルラーは、2月23日より、ブルーレイディスクレコーダー で受信・録画したデジタル放送のテレビ番組を、スマートフォンやタブレットなど、マルチデバイスで視聴できる「Remote TV」の販売を開始する。

 「Remote TV」を自宅のブルーレイディスクレコーダーに接続するだけで、録画した番組や放送中のテレビ番組を、専用アプリを用いてスマートフォンやタブレットなどで視聴可能となる。ブルーレイディスクレコーダーのリモート操作も可能。機器購入費用以外、利用に関する基本使用料等の追加費用は不要となっている。

KDDI、スティック型の小型STB「Smart TV Stick」発売……Androidアプリを家庭TVで

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)