妊産婦の通院や陣痛時の移動を支援するタクシー送迎会員サービスが登場

生活・健康 交通・クルマ

mタクシー、「マタニティ・マイタクシー」ロゴ&マーク
  • mタクシー、「マタニティ・マイタクシー」ロゴ&マーク
  • Kmタクシー、「マタニティ・マイタクシー」、5つのポイント
  • Kmタクシー、「マタニティ・マイタクシー」、会員カード
kmホールディングスは3月8日、妊産婦の通院や陣痛時の移動を支援するタクシー送迎会員サービス『マタニティ・マイタクシー』(通称:ママタクシー)の提供を3月10日より開始すると発表した。

対象エリアと対象者は、東京23区及び武蔵野市・三鷹市、横浜市南区在住の妊産婦。

事前の登録を必要とする会員サービスとなるが入会金や年会費、登録料は不要。会員になると、365日24時間、陣痛時に専用ダイヤルに電話をするとオペレーターが対応し、タクシーが送迎に向かう。事前に自宅、病院、実家など3か所を登録することで、迎え先・目的地の詳細説明は不要。陣痛時は、会員であれば後日支払いが可能。

kmタクシーのすべてのドライバーは普通救命講習を受講しており、さらに妊産婦講習も受講。対応するドライバーが丁寧に妊産婦をサポートする。また、万一の破水に備え全車に防水シート完備した。

会員登録は、WEBサイト、FAX、いずれかの方法で行う。

kmタクシー、妊産婦の移動支援“ママタクシー”開始

《久保田雄城@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)