安藤忠雄「新しい渋谷駅は“地中船”をイメージ」、東横・副都心線3/16直通

生活・健康 交通・クルマ

副都心線・東横線相直記念式典での安藤忠雄氏
  • 副都心線・東横線相直記念式典での安藤忠雄氏
  • 2013年3月15日までの東横線渋谷~代官山間(地上区間)
  • 副都心線・東横線相直記念式典での安藤忠雄氏
  • 副都心線・東横線相直記念式典での安藤忠雄氏
  • 東横線・副都心線 相互直通運転記念式典
  • 東横線・副都心線 相互直通運転記念式典
  • 2013年3月15日までの東横線渋谷~代官山間(地上区間)
  • 2013年3月15日までの東横線渋谷~代官山間(地上区間)
新渋谷駅を設計した建築家の安藤忠雄氏は、東横線・東京メトロ副都心線の相互直通イベントの記念式典に来賓として訪れ、「東急電鉄、東京メトロ両社の活性化と発展を願っている」と祝辞を述べた。

日本を代表する設計家として活躍する安藤氏は、「地中船」をイメージして渋谷駅を設計。曲線を多用した斬新なデザインが話題となっていた。

さらに、来賓を代表して乾杯の音頭をとった安藤氏は「新しい渋谷駅を設計に携われうことができて良かった」と述べ、会場を大いに盛り上げた。

安藤氏は近年、駅舎のデザインにも進出しており、2007年にJR中央本線の竜王駅、2011年に東急電鉄大井町線の上野毛駅をはじめ、現在、建設が進められているJR鹿児島本線熊本駅などのデザインも担当している。

【東横線・副都心線直通】安藤忠雄「新しい渋谷駅は“地中船”をイメージ」

《河野孝司@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)