赤木かん子氏が薦める小・中学校図書館に揃えたい1,100冊

教育・受験 学校・塾・予備校

読書力アップ! 学校図書館の本のえらび方
  • 読書力アップ! 学校図書館の本のえらび方
  • 読書力アップ! 学校図書館の本のえらび方(参考画像)
 光村図書出版は、児童文学評論家の赤木かん子氏の学校図書館シリーズ第3弾「読書力アップ! 学校図書館の本のえらび方」を3月25日に発売する。26日には、池袋で赤木氏のブックトークも開催されるという。

 新刊では、子どもの皮膚感覚に基づいた選書の視点で、1,100冊を分類ジャンルごとに紹介。「どんな本を買えばいいかわからず困っている」「忙しくて選書がなかなかできない」という司書や司書教諭を対象とした内容となっており、魅力的な学校図書館づくりをサポートするという。

 また、新刊発売を記念して3月26日、トークセッション「学校図書館をめぐるお話」をジュンク堂書店池袋本店で開催。今回のブックトークでは、学校図書館をめぐるさまざまな話とともに、参加者との意見交換も行なっていくという。参加費は1,000円。

◆読書力アップ! 学校図書館の本のえらび方
発売日:3月25日(月)
著者:赤木かん子
定価:2,520円
体裁:B5判、144ページ

◆トークセッション「学校図書館をめぐるお話」
日時:3月26日(火)19:30~
会場:ジュンク堂書店池袋本店 4階喫茶コーナー
入場料:1,000円(ドリンク付き)
定員:40名
受付:1階カウンター(電話予約も可)
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)