TOEICテスト、2012年度の受験者数は230万人と過去最高

教育・受験 その他

TOEICテスト受験者数推移
  • TOEICテスト受験者数推移
  • TOEICスピーキング/ライティングテスト受験者数推移
  • 2012年度までの過去5年間の各テストの受験者数
 日本でTOEICプログラムを実施・運営する、国際ビジネスコミュニケーション協会は4月3日、2012年度のTOEICテスト受験者数が230万4,000人に達したことを発表した。前年に比べ34,000人増え、過去最高受験者数となったという。

 TOEICプログラムには「TOEICテスト」「TOEICスピーキングテスト」「TOEICライティングテスト」「TOEIC Bridge」があり、「TOEICスピーキングテスト・ライティングテスト」の総受験者数は、前年度に比べ400人(3.7%)増の1万1,100人となった。また、TOEIC Bridgeの総受験者数は20万9,000人で、前年度より4,000人(2%)減となっている。

 受験者数の増加は、企業のグローバル化によるグローバル人材育成の動きが活発になったことに加え、大学でも入学試験や単位認定・進級・卒業の要件などさまざまな面で活用されたことだという。特にTOEICスピーキングテスト・ライティングテストの受験者数増加は、会話や記述といったコミュニケーション能力の習得が求められていることの表れだろう。

 TOEICだけでなく、TOEFLやIELTSといった英語試験の受験者数は、今後も増加していくのではないだろうか。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)