トイザらス、国内初のキッズ向けタブレットを販売開始

教育ICT モバイル

日本トイザらス・キッズ向けタブレット「MEEP!(ミープ)」ト
  • 日本トイザらス・キッズ向けタブレット「MEEP!(ミープ)」ト
  • 日本トイザらス・キッズ向けタブレット「MEEP!(ミープ)」公式サイト
 日本トイザらスは4月26日より、国内初となるAndroid搭載のキッズ向けタブレット「MEEP!(ミープ)」を、全国のトイザらス、ベビーザらス店舗および「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」で販売する。価格は1万4,999円。

 ミープは、インターネット(Wi-Fi対応)、ゲーム、電子書籍、映画、音楽、チャット、アプリなどが楽しめる、子どものために開発された本格的なタブレット。2012年9月に米国で発売され、発売後約3か月で25万台以上の販売を記録したという。現在では日本を含め世界15の国と地域で展開されている。

 ミープは、子どもの安心安全なインターネット環境を実現するペアレンタルコントロール機能を搭載。保護者は自分のパソコンやタブレット、スマートフォンなどから、ミープの管理サイトにアクセスし、子どものインターネットやアプリなどの使用制限、使用履歴、使用時間などを、細部にわたり管理することができるという。

 また、アングリーバードやUNOといったゲームや「Yahoo!きっず」のブラウザーアプリなど、約50種類の子ども向けコンテンツをプリインストール。また、子ども向けアプリを揃える「MEEP!ストア」では、無料アプリに加えて、あらかじめ保護者が購入した仮想通貨を使用して有料アプリをダウンロードできるほか、「Google Play」からも子ども向けアプリやコンテンツがダウンロードできる。

 ミープは、タブレットでは初となるzForce技術搭載の7インチタッチスクリーンを採用。指はもちろん、ペンや絵筆、手袋をつけたままでもタッチ操作することができるという。また、使用環境にあわせてスクリーンを最適化し、太陽光の下でも見やすく自動調整する。本体は、子どもがしっかりと握りやすいデザインに仕上げ、万が一、落としたりぶつけたりした場合でも衝撃から守れるよう、丈夫なシリコン製カバーで保護している。

 なお、4月10日より、トイザらス、ベビーザらス店舗およびオンラインストアの特設ページでは、ミープの先行予約を受付開始するほか、ゴールデンウィークには発売記念として、アングリーバードのゲームを現実世界でも体験できる参加型イベントを開催する。

◆ミープ発売記念「アングリーバードイベント」
・トイザらス・ベビーザらス つくば店
日時:4月29日(月)
住所:茨城県つくば市研究学園C50街区1 イーアスつくば3F

・トイザらス 新鎌ヶ谷店
日時:5月4日(土)
住所:千葉県鎌ヶ谷市新鎌ヶ谷2-12-1 アクロスモール新鎌ヶ谷 2F

・トイザらス 府中駅前店
日時:5月6日(月)
住所:東京都府中市宮町1-50 くるる B1F

《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)