【GW】二子玉川の「こどものまち」で子ども向け参加型ワークショップを実施

教育・受験 その他

随時参加型ワークショップ「こどものまち」
  • 随時参加型ワークショップ「こどものまち」
  • 随時参加型ワークショップ「こどものまち」
  • 随時参加型ワークショップ「こどものまち」
  • 随時参加型ワークショップ「こどものまち」
  • アクセス
 キッズワーキンググループは、5月5日・6日の両日、随時参加型ワークショップ「こどものまち」を二子玉川ライズガレリアで開催する。子どもたちが夢や願いをこめた街のあり方をイラストやオブジェとして制作し展示する空間「こどものまち」でワークショップを開催し、街に賑わいを加えるという。

 今回開催するイベントは、次世代の街づくりを担うこどもたちを心豊かに育成するため、子どもを通じた地域コミュニティの活性化を図り「地域×こども×未来」を考える「キッズワーキンググループ」の発足に伴って開催するもの。

 会場では、子どもたちが、「いえ」「おみせ」「はたけ」「みち」「かわ」など、街のさまざまなカテゴリーについて、夢や願いをこめたイラストやオブジェを制作、展示していき、「こどものまち」を形作っていくという。

 また、ステージではミュージシャンのパフォーマンスや定員制の絵本ワークショップなど、さまざまな「まちのデキゴト」が起こり、「こどものまち」ににぎわいを加えていく。参加する地域団体にとっては、地域ベースの世代間リレーションのあり方を模索する場として、子どもたちにとっては、自らがいずれ作り上げる「街」との関わりかたを学ぶ上で興味深い取り組みだ。

 なお、キッズワーキンググループでは、二子玉川地域に点在する、子どもに関わる活動の相互連携を深め、次世代の街に必要な地域ベースの世代間リレーションのあり方を考える検討会「二子玉川しあさってプロジェクト」を、5月中旬を目途としてスタート。地域の子どもに関わる課題やニーズを把握し、アイディアをとりまとめていくという。

◆ワークショップ「こどものまち」
日時:5月5日(日)・6日(月)10:00~16:00
会場:二子玉川ライズ ガレリア(東京都世田谷区)
対象:原則4歳以上(未就学児は保護者同伴)
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)