高校生対象のオールイングリッシュキャンプ、8月に小豆島で開催

教育・受験 その他

サマーキャンプ「GAKKO」2012年度の様子
  • サマーキャンプ「GAKKO」2012年度の様子
  • サマーキャンプ「GAKKO」2012年度の様子
  • サマーキャンプ「GAKKO」2012年度の様子
  • サマーキャンプ「GAKKO」2012年度のメンバー
 イェール大学・ハーバード大学などの海外大学や国内大学の有志学生で構成するGAKKOプロジェクト実行委員会とベネッセは、高校生を対象としたサマーキャンプ「GAKKO」を、8月1日から9日まで香川県小豆島にて開催する。前年度の好評を受け、今年度は3日間延長し、9日間にしたという。

 サマーキャンプ「GAKKO」は、日本の高校生にもっと主体的に学ぶ意味を考え、知ってほしいとの思いからの発案されたもの。イェール大学やハーバード大学、国内大学などの学生に呼び掛け2012年に第1回が実施された。

 サマーキャンプのプログラムでは、米国大学特有の少人数のセミナーシステムを導入。参加生徒自らがさまざまな活動に参加し、発言するというもので、主体的に学ぶことの大切さ、幅広い進路の選択肢を「島」という日常から離れた環境で学ぶことで、自ら気づくことを目指すという。

 「GAKKO」では「Question Learning=学ぶとは?」がメインテーマで行われる。そもそも明確な答えのない問いだが「表現すること」「デザインすること」といった、同じく明確な答えのないテーマに取り組むことでヒントを得ながら、自分たちが「学ぶ意味」を見出しくことを狙いとしている。最終日には、自ら学び導き出した「答」をもとに、発表するという形で「GAKKO=あるべき理想の学びの場」を具現化していくという。メイン講師は、イェール大、ハーバード大などの大学生が務め、国内外の有識者が特別講師として予定されている。

 今回は、昨年年度よりも3日間長い9日間となり、瀬戸内国際芸術祭のプログラムの1つとして、香川県小豆島の「学校」建物を利用した宿泊施設にて実施される。また、プログラムは「数学」「現代社会」「美術」など、日本の学校の教科を取り上げ、可能性を引き出すワークショップを中心に行われる予定。

 応募条件は、高校生であること、英語でコミュニケーションがとれること、キャンプ期間中の撮影と、撮影した映像の利用を了承できること。なお、東京・大阪にて開催される説明会はメールにて受付ける。

◆サマーキャンプ「GAKKO」
日程:8月1日(木)~8月9日(金)
場所:香川県小豆島 坂手港前エリエス荘
参加費:60,000円※宿泊費・食費・移動交通費
※小豆島までの往復の交通費は別途負担
応募条件:
・高校生であること
・英語でコミュニケーションがとれること(プログラムは英語で実施)
・撮影・映像の利用を了承できること(映画制作に利用)
応募方法:Webサイトより
応募締切:5月30日(木)
定員:30名 ※書類での審査後、面接により決定
説明会日程・場所:
【東京】5月18日(土)19:00~21:00
ロフトワーク東京 渋谷オフィス
【大阪】5月16日(木)19:00~21:00
ベネッセコーポレーション大阪支社
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)