大塚家具、横浜みなとみらいで子どもと暮らす住まいづくりを提案

生活・健康

大塚家具「みらいFactory for Kids」(イメージ)
  • 大塚家具「みらいFactory for Kids」(イメージ)
  • IDC大塚家具横浜みなとみらいショールーム(WEBサイト)
 大塚家具は、「子どもと暮らす住まいづくり」を提案するインテリア専門店「みらいFactory for Kids」を6月8日、IDC大塚家具横浜みなとみらいショールーム10階にオープンする。

 「みらいFactory for Kids」は、総フロア面積が約1,600平米におよぶ日本最大級のインテリア専門店。テーマは「未来(みらい)に向けた住まいづくりfor kids」。子どもの成長にとって大切な「よく学び、よく遊び、よく寝ます!」をキーワードとして、学習デスクや学習チェアなどをはじめとした子ども部屋用の家具を豊富に取り揃えるほか、子どもと過ごすリビングや寝室のあり方など、成長に合わせた暮らし方の提案を多数展開し、家族の絆を深めるための快適な空間づくりをトータルで提案するという。

 子どもの成長に合わせた家族の距離の変化をもとに快適な住まいづくりを提案する「み・ら・い」ゾーンでは、乳幼児期0~3歳、児童期前期4~9歳、児童期後期10~15歳、青少年期16~20歳の4つのステージで構成し、親子の距離の変化に合わせた住まいづくりのヒントやアイデアを提案する。

 また、子どもの成長のためのインテリア選びのポイントが体感できる「Kid's Labo」ゾーンでは、選び方のポイントを解説するとともに、実際に体感、比較して選べる豊富なアイテムを取り揃えて、子どもと暮らす理想のインテリア選びをサポートする。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)